彼岸と布施

 

 暑い夏も終わり、お彼岸の季節がやってきました。私などは明るいイメージの春彼岸のほうが好きで、秋彼岸がすぎるとまた寒い冬がやってくるなどと、ゆううつになってきます個人的な感情はともかく、人それぞれに、お彼岸に対してイメージを持っているのではないでしょうか。
  仏教辞典によると、彼岸とは悟りの岸という意味で、それに至るための仏道精進の行事となっております。ようするに、この世という苦しみに満ちた迷いの世界から、あの世という幸せに満ちた世界に行けることを願い、徳を積む、修行の期間ということではないでしょうか。
  話は少しずれますが、この場合の『あの世』とはなにも死後の世界だけを意味するのではなく、今、生きている私たちが行くことのできる幸せな世界、といえるのではないでしょうか。その幸せな世界にいたる方法として、六つのやらなければならないことがあります。それを六波羅蜜(ろくはらみつ)(布施(ふせ)・持戒(じかい)・忍辱(にんにく)・精進(しょうじん)・禅定(ぜんじょう)・智慧(ちえ))といいます。
  個々の説明は省きますが、その中で私が気になるものは、いつも檀家さんに頂いているせいか布施であります布施というと皆様には、法事の時などに僧侶に包むお布施のことなどと思われるかもしれませんが、本来は見返りを期待しない施しを意味するものですから、法事の包みは本来は布施とは言えないものなのかも知れません。どちらかというと、お彼岸などに皆様がお寺にもってこられる彼岸礼のほうが、布施に近いものではないでしょうか。
  ともかく、お金であろうとなかろうと、お寺にかかわりがあろうとなかろうと、布施とは見返りを期待せず奉仕をさせていただくことでありますから、日常生活において誰もが行える、仏道修行ではないでしょうか。
  ここで問題なのは、はたして人が見返りを求めずに何かを行えることができるのか、ということであります。しかしそう難しく考えなくとも、例えば食事のときに食べ物を残さない、ということも自然に対する思いやりであり施しになるのではないでしょうか。インドでは食べ物を残さないどころか、今もお米など食べ物の一部を動物に与えるそうであります。次元の低い話ですが私なども余った食べ物を野良猫に与え、家族のひんしゅくをかったりしております。余談はともかく、今はやりのリサイクル・エコロジーな生活も布施になるということではないでしょうか。ご精進のほどを。

心光寺 宗川 太洋

 

  佛教酔談
Copyright 2001-2006 心光寺 | 利用条件